鳩のトラブルを防ごう|被害拡大を防ぐ対策をマスターしよう

メンズ

スズメバチには近づかない

ハチ

ハチの中で最も危険なのがスズメバチです。巣の特徴は1つの穴を使ってハチが出入りしている点です。このような巣を見つけたら駆除業者と保健所に連絡します。ハチは黒い色を攻撃する習性があるので白い服を着ると予防になります。退治用グッズで人気なのがスプレーです。子ども水鉄砲に殺虫剤を入れて退治すると安全です。

読んでみよう

効果的な対処法

蜂

スズメバチはハチの中でも凶暴性が強い種であり、人間にも動物にも被害を与えます。そのため、退治することが必要となりますが業者に依頼すると効率的です。電話で予約すると、被害場所まで駆けつけて状況を確認し、駆除料金の見積もりをしてくれます。

読んでみよう

野生に戻れなくなる前に

ハト

剣山やネットが人気

鳩による糞被害は年々増加傾向にあります。特にマンションのベランダではその被害が多く、ご近所トラブルにつながることもあるため、早めに対策する必要があります。鳩は元々、植物の種や木の実などを食べて暮らしていました。しかし、最近では人間慣れした鳩が多く、街中を鳩が飛び交っているのも珍しくありません。一度人に慣れてしまった鳩は野生に戻ることが難しいとも言われています。そのため、お互いの為にも、鳩がベランダに飛んでこないように対策をとることが大切です。鳩の対策方法は色々ありますが中でもベランダに剣山をおいたり、ネットを取り付けて飛んでこないようにする方法は早く効果が得られる対策方法として人気があります。

ウィルスが含まれた糞

鳩の糞にはウィルスが含まれています。これは乾燥すると飛散して人間の鼻や口から体内に侵入します。これらが体内に入ると病気やアレルギーの原因になってしまうことがあります。特に免疫力の低いお年寄りや小さいお子さんはこの症状が出やすいと言われています。また、糞にはダニやゴキブリを寄せつける成分が含まれていると言われています。こうした被害を未然に防ぐには、鳩がベランダに飛んできても餌をあげないようにすることが大切です。可愛いからといって餌をあげてしまうと、仲間を連れて再びやってきてしまいます。特に外敵もいなく安全な場所だと判断した場合は、ベランダ周辺に巣を作ってしまうことがあるため注意が必要です。

女王蜂とペットボトル

鼬

ハチを効率的に退治する方法は春頃に女王蜂を捕獲することです。秋頃に飛ぶ働き蜂が激減します。捕獲器はペットボトルで簡単に作ることができます。少量の誘引液を入れて木に放置しておけばどんどんハチが入ってきますので、ある程度溜まったらペットボトルを回収します。

読んでみよう